今日本では3人に1人ががんになると言われている程にがん患者が多くなっています。
ある程度の予防は出来ますが、がんは完全に防ぐ事が出来ない病気です。
しかし、早期発見と治療によって転移や拡大を防ぐ事は可能となっている為に、人間ドックや健康診断は定期的に行う事が求められています。

がんは人間の細胞から自然に生まれてしまう物です。人間の細胞は遺伝子からの命令によって縛られており、ある程度までは増えない、減らないと言うようになっています。
しかし、がん細胞と言うのはこの遺伝子の命令を全て無視して勝手に必要が無い部分にできたり、増え続けたりする細胞です。
人間の体内にはがん細胞を異物として打ち消してくれる作用がありますが、この打ち消しが間に合わなくなってくるとがんを発病する事になります。
これは遺伝的にかかりやすくなっている人もいますが、赤の他人に感染るような病気ではありません。

がん治療には外科的な方法と薬物、放射線を利用した治療方法があります。
近年では抗癌剤を利用した治療だけでなく漢方薬を利用した治療を用いて治療効率のアップと患者本人の負担軽減に努めています。

がん治療は非常に辛い状況になる事も多いです。がん治療として使われる抗癌剤は非常に副作用が強い物であり、漢方薬を使って緩和させたり、副作用が酷く無い抗癌剤を開発する事が進んでいます。
漢方薬を利用した治療は以前から行われていましたが、近年は漢方での治療が一般的になってきた事でより改善し治療効率をあげようとがん治療の世界でも注目が集まっている分野です。

早め早めに対処すればがんは恐ろしい病気ではありません。早期発見と早急な手術によって勝手に増え続ける異常な細胞を除去し、健康体を維持できるようにして行く事が望まれます。

おすすめリンク

癌の転移についての情報がこちら「癌の転移について知るためのサイト」

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし